Hello, World! ブログ

日本創発グループ:株式会社ハロー・ワールドの、ITエンジニア育成採用の活動をお伝えします。

座学は進むよ

四期生の研修も、始まってから1ヵ月が経ちました。

前回、講義の内容に触れた際にはIT基礎の発表でしたが、そこからわずか2週間、いまやJavaの大詰めとなってきました。

みんな、ちゃんとついてきてるかーい?!

 

f:id:helloworldinc:20181115130043j:plain

 

講義では、他の人の考え方も吸収するという意味合いで、グループになって意見交換をする機会を多く設けています。

今回は6人いるので組み合わせのパターンが多く、自分とは異なる考え方について学びの機会が多いのではないかと思います。

 

f:id:helloworldinc:20181115130229j:plain

 

オブジェクト指向が終わりJavaが終わると、目の前にWebフロントが見えてきます。

Webフロントをやり始めると、これまたすぐにWebシステムへ。

最終課題と対面する日もあっという間にやってきます。3か月は長いようで短いなあ。

 

座学終盤に向けて、講師もますます気合を入れて頑張っていきます!

 

 

さて、現在ハロー・ワールドは2019年1月からスタートする第五期の研修生を募集しています。

ハロー・ワールドで、ITエンジニアに挑戦しませんか?

employment.en-japan.com

 

会社見学に行きました

そろそろ、寒くなりすぎて冬眠が必要なんじゃないかと思い始めた中の人です。

季節の変わりが早すぎて、なんだか悲しみを覚える今日このごろ。年を取ったせいかしら?

 

 

...気を取り直して。

 

さて、先日より五期生の募集も始まりました。そしてなんだかんだで、四期生の研修が始まってからほぼ1か月です。

企業HPや募集サイトにある通り、研修生たちは3か月の座学研修の後、我々講師の手を離れ、各グループ会社へと巣立って行きます。

しかしグループ会社とはいえ、行き先のことがよくわからないまま面談などをして
「はい、君はここ行ってね」「はい、君はこっち」と、これまたよくわからない感じで決まってしまうような形だと、やはりちょっと不安ですよね。

 

このような不安を少しでも解消できるよう、座学研修をスタートしてだいたい1か月ほどたったあたりで研修生たちは講師陣に伴われて会社見学に行きます。

これは、配属先となるグループ5社すべてを1日で訪問するイベントで、実は結構大変なんです。(講師も研修生も、そして受け入れ側も)

 

 

今回の会社見学はこんな感じでした。

 

 

株式会社 エグゼクション

グループ唯一 “システム系専門” の会社です。

社員のほぼ全員がエンジニア職であり、提案・設計から開発、保守運用まで
システムライフサイクルのすべてを守備範囲としています。

今回は、最近取り扱いを始めたRPAのデモも見せていただきました。

 

f:id:helloworldinc:20181106101632j:plain

 

 

 

クラウドゲート株式会社

グラフィックスを得意としている会社です。
自社でWTRPGの開発・運営も行っています。

グラフィックスメインということで、全体におけるITエンジニアの比率は低いのですが、少数精鋭で回っています。

 

f:id:helloworldinc:20181106101711j:plain

 

 

株式会社ファイブスター インタラクティブ

企業のWebサイトを中心に取り扱う会社です。

顧客との直取引が強みで、その兼ね合いでWebサイト以外にも取引先の要望に応じて様々な仕事があります。

また顧客に海外の企業が多く、英語が話せるとなおよいそうです。

 

f:id:helloworldinc:20180925130038j:plain



 

 

株式会社ソニックジャム

この11月にCIを刷新したばかりのソニックジャムは、デザインとテクノロジーで新しい体験をデザインする “ものづくりカンパニー” です。

デジタルサイネージや企業HP、体験型のコンテンツなど一般の人も知るようなものが多く、またブランディングなども行うため幅広い仕事があります。

 

会議室で説明中

 

 

株式会社キャドセンター

3DCGに強い会社です。

グループ各社の中でも歴史が古く、祖は建築パースからスタートしているため、建物の外観、内観のVRやCG、それらを基にした教育コンテンツなど立体物を軸とした仕事を主としています。

 

f:id:helloworldinc:20180820180451j:plain

 

 

 

研修生たちが配属されるのはこれらのグループ5社です。

説明会やHPなどでも紹介しているので、あまり目新しい内容ではないかもしれませんが、実際に訪問してみてわかることもあるようです。

 

四期生たちは『ゲーム』や『VR』に興味が強いようで、クラウドゲート、キャドセンターでは、担当者の方に数多く質問していたように見受けられました。

 

中の人が気になったのは、

『どういった人材が、適していると思いますか』という内容の質問が各社で必ず出ていたことです。

回答としては、当然「勉強を苦にしない人」「新しいことに臆さない人」のように
各社の特色を反映された回答を頂きますが、

極論『やる気のある人』

ということだと思います。

 

質問をした人の気持ちは、もちろんわかります。

「自分がここに合うか」「自分はここで勤めていけるか」といった不安や、

「行きたいからこそ合わせたい」という気持ちもあるでしょう。

 

ですが、実際のところ受け入れる側の観点はそこではなく、

その人が『やれるのか』『やれないのか』です。

これだとガチ即戦力、実力主義のように聞こえてしまいそうなので、ちょっとマイルドにすると『会社の一員として仕事をやっていけるか』が重要なわけです。

 

これは就職活動にも言えますし、転職でも一緒でしょう。

 

そもそも誰もが、その会社は「未経験」です。

業界を知っていようが、経験があろうが、その会社自体は初めてのはずです。

 

会社は、あなたが『そこで頑張れるか』を見ています。

 

座学研修後、研修生たちがそれぞれどこに行くのかはまだわかりません。
しかしどこへ行ったとしても『頑張れる』人になるよう、講師一同全力でサポートしていきます。

 

 

 

ハロー・ワールドはただいま第五期生募集中です。詳しくは以下からどうぞ!

employment.en-japan.com

【2期生トミーのお仕事日誌】:はじめまして、トミーです

ブログをご覧のみなさん、こんにちは。

ハロー・ワールド2期生のトミーです。

 

私は7月よりグループ会社のエグゼクションにてインターンを開始しました。

 

そこから早いものでもう4ヶ月近くたち、インターン期間も終了して引き続きエグゼクションで勤務しています。

それだけ経てばだいぶ慣れているだろうとお思いかもしれませんが、私は現在お客様先に常駐して勤務しているため、現場に慣れすぎることなく、ほどよい緊張感で業務を行っています。

ただそんな緊張感はあるのですが、現場近くには海へ続く大きな川があったり、町並みが個人的に好きだったりするので、同時に心地よくも感じています。

その土地ならではの風情を味わえるのも、お客様先に常駐して勤務することならではですね。

 

f:id:helloworldinc:20181022143942j:plain

こちらは現場近くの定食屋さんにて。

お魚がおいしい!

 


さて、そろそろ皆さんは「こやつはエグゼクションでどんなことをしているのだろう」とお思いなのではないでしょうか。

単に現場の雰囲気を楽しんでいるわけではありませんよ!しっかりお仕事しています!

現在の現場では、Javaのフレームワークである「Spring」などを使って、お客様先のシステムのアップデートに伴うプログラムの変更などを行っています。

Javaは研修で教えていただいたのでコードを読むのは大丈夫だろうと思っていましたが、なかなかそう上手くはいかず……

その都度わからないことを検索しては試したり、エラーログを読み解いて原因を探ったり、ガイドラインを読んで理解を深めたりなど、日々なかなかに苦戦しています。

しかしどうしてもわからないところは上長も丁寧に教えてくれますので、苦戦していても不安に思うことはありません。

色々教えてもらえる今が成長のチャンス!と思って、しっかり自分の力にしつつ取り組んでいます。

先輩たちのようにいっぱしのエンジニアになるため、日々努力です!

 

 

ちなみにですが、私の前職はITと縁の薄いアパレル系でした。

ハロー・ワールド入社時は全く未経験だった私でも、今ではお客様先で業務を行えるようになっています。

去年の今頃からはまったく想像もできない環境にいるので、自分自身のちょっとした気持ちと行動で現状はこんなにも変わるものかと驚いています。

せっかくこんな良い環境で、いろんなことに挑戦できるチャンスも沢山あるので、これからどんどんこんなこと頑張ったという報告をしていきたいですね!

 


簡単な説明になってしまいましたが、日々こんな感じで過ごしています。

次回ブログに登場することがあれば、今度はこんなことしてるよなどお伝えしたいと思いますのでお楽しみに!!

 

ではでは、ひきつづきガンバリマス!!

 

 

www.exection.co.jp

第五期生 募集開始のお知らせ

ハロー・ワールドは、第五期生の募集を開始いたしました。

 

f:id:helloworldinc:20181029110747j:plain

 

 

ITシステムやエンジニアに興味はあるけれど経験がない・足りない

ゲームやVRなどのエンジニアになりたいがどうすれば?

まったくの他業界からIT系にチャレンジして人生を変えたい 

 

エンジニアを目指す理由はそれぞれ違うはず。

でも、どこから始めたらいいかわからない、経験がない、機会に恵まれない...
という共通の悩みもあるのではないでしょうか。

 

ハロー・ワールドは、真剣にエンジニアを目指したいあなたを
全力でサポートします!

 

詳細は、エン転職のリンクからご覧ください。
ご応募お待ちしています!

employment.en-japan.com

最初の発表会はIoT

開始したと思ったらもう2週間、四期生の研修、IT基礎も佳境となりました。

 

ハロー・ワールドのカリキュラムではまず、IT業界について、アルゴリズム、プロトタイプ、WBS、などなど、IT業界に入った初心者にとって必ず必要になりそうなものを中心にした「IT基礎」という講義、演習があります。

 

この「IT基礎」の授業で毎回実施していて面白いと思うもの、それはMESHというSonyのIoT製品を用いてのプロダクト開発演習です。

本演習の名称は「IoT実習」としています。

 

実際の中身は、企画からプロトタイプの作成までをグループで行い、最後に製品発表と称して発表してもらうというもの。

 

f:id:helloworldinc:20181024163845j:plain

 

 

今回は6人の研修生がいるので、2チームでの発表です。

プロダクトは、全部で8つできました。いっぱいある!

 

なのでその中からいくつか、抜粋して紹介しましょう。

 

Toy Happy Sound

f:id:helloworldinc:20181024155349j:plain

おもちゃを動かすといろいろな音が鳴るようにするもの。

 

 

俺の嫁センサー

f:id:helloworldinc:20181024155626j:plain

一人暮らしの自宅に帰ってきたら「おかえり」などと言ってくれるもの。

 

 

おはなしできるもん

f:id:helloworldinc:20181024162310j:plain

f:id:helloworldinc:20181024155717j:plain

お気に入りのぬいぐるみやおもちゃを振ると、録音しておいた音声などが流れるもの。 

 

 

IoT演習が面白い点は、2つあります。

  • 個人の趣味、今抱えている悩み、課題が見えること
  • 結果から考え方や取組み方が見えてくること 

毎回、プロダクトには個々人の考え方が強く反映されるようだなぁ…と思いながらみています。

 

例えば、今回は四期生が6人いる中で、センサーによって人の動きを検知し「おかえりなさい」や「おつかれさま」のように声をかけてくれるというプロダクトが2つありました。

用意されているセンサーの種類はある程度決まっているのですが、子供が好きだと、”子供のための防犯”について考えたり、かたや今回の「おかえりなさい」のように自分向きのプロダクトだったりと、興味・関心によって出来上がった結果が大きく異なります。

 

ちょっと面白いと思いませんか?

 

この実習、実はプロダクトとして”より売れる”ことをきちんと視野に入れる場合、1チームで1つ~2つのプロダクトを考えるのがいいところなのです。
しかし、なかなか考えがまとまらなかったり、個人での動きが強くなると、プロダクトの個数も増加します。

また、チームで動くことの利点を理解していないと、全てのプロダクトに類似の問題が含まれたり、目に見える形で出てきます。

 

もちろんこの段階では、IT業界においてチームで何かをすること、その利点などについての知識・経験が少ない、またはまったく無い状態であるという前提で実習が行われています。
ですから、そこを理解している・していないという事は問題ではありません。すべてがこれから先に生きてくる経験だとも言えます。

 

実は、このIT基礎の講義が終わる時点までに、講師は研修生の特性をできる限り捉えられるように、さまざまな角度から全員のことを観察もしています。

 

それらを踏まえて、残り約2か月半の座学研修では、全員がそれぞれ成長できるようにしっかりとサポートしていきます。

 

第四期の研修が始まりました

講義が始まると、時間の流れがとても速いように感じます。

四期生が入社してあっという間にもう1週間が経ちました。

 

f:id:helloworldinc:20181018142850j:plain

今期は前期の倍の人数となったので、よりスクール感が出ています。

 

 

カリキュラムの始まりは、IT基礎、セキュリティ、ネットワーク、開発手法など。
基礎的な部分を座学で学んでいます。

f:id:helloworldinc:20181018143310j:plain

 

今回もなかなか個性豊かな6人が集まったように思います。

 

研修で実施されるIoTやサイト作成には、毎回はっきり個性が出ていました。
四期生たちがどんなものを作り上げるのか、演習がいまから楽しみです。

 

まずは3ヶ月、頑張っていこう!

 

第四期生が入社しました!

三期生が卒業してわずか1週間、四期生たちが入社してきました!

 

 

2人の取締役と、6人の四期生

f:id:helloworldinc:20181012100437j:plain

さあ、これから3か月間の座学研修が始まります!

 

 

これまで、入社のタイミングではブログ映え(笑)する内容がほとんど無く、ちょっと殺風景な初日記事となっていました。しかし今回から、ハロー・ワールドの社員も全員参加して入社式をとりおこなうこととなりました。

 

これまで各期で完結してしまっていた人の輪を大きくしていく試みです。
四期生たちにとっては、先輩たちに会って直接話を聞くことができる良い機会に!

f:id:helloworldinc:20181012100721j:plain 

入社式に出席してくれた一、ニ、三期生たち。
おかげでとてもにぎやかになっています ^ ^

 

 

日本創発グループ 藤田社長 ご挨拶

f:id:helloworldinc:20181012101012j:plain

真剣に聞きいっていました。

 

 

ハロー・ワールドは三期生までで2桁を超え「3年間でエンジニア育成100人」の目標を10%あまり達成したことになります。

今回の四期生が終了するとついに1周年!在籍数は20人に近づき、何か大きいことができるのではないかという期待も高まりつつあります。

そしてそして、ハロー・ワールドに在籍するみなさんは日本創発グループの一員としても期待されているんです!

 



夕刻の入社式が終わった後は、歓迎会を兼ねた全体での懇親会でした。

f:id:helloworldinc:20181012101813j:plain

カンパーイ!!

 

 

f:id:helloworldinc:20181012102754j:plain

食事を食べるのも忘れるほど、あちこちで話が盛り上がっていました。

 

f:id:helloworldinc:20181012102827j:plain

 

f:id:helloworldinc:20181012102856j:plain

入社お祝いのケーキを手に四期生集合です🎂
この後ケーキはみんなのお腹に消えていきました!

 

 

 

来週からは、再び講義教室の様子をお伝えしていきます。