Hello, World! ブログ

日本創発グループ:株式会社ハロー・ワールドの、ITエンジニア育成採用の活動をお伝えします。

【総括】四期目が終わって(研修後記)

ついに1年目が終わりました。長かったような短かったようなそんな1年でした。

 

さて、節目ともいえる四期目の研修生たち。彼ら彼女らも各社への配属が確定し旅立つことになりました。

四期は、6人という過去最多(と言うとちょっと大げさですが)の人数でした。

そのため、インターンは CAD CENTERFivestar InteractiveSONICJAMCrowd GateEXECTION、とまんべんなく全グループ企業への配属です。

 

運営側として振り返ると、前述の通り6人でスタートした四期は、HW全体での入社式を開催したり、会社見学の時間配分を変更したりと、カリキュラムとは異なる部分での改善を中心とした期でした。

逆に、研修面では初めて前期からの大幅な改善・工夫がなく、『前期と比べてどうなのか』のようなよくある比較ができるカリキュラム進行となりました。

そして、最終課題も前期のスタイルを踏襲し、「指定したサービスを作る」という実際の仕事に近いものに取組んでもらいました。

 

指定したサービスは、

レンタル腕時計のサイトを作る」というものです。

今回は、3人ずつで2チーム、双方同じ課題に取り組んでもらいました。

 

どうなったかというと...


色々と思うところのある結果となったので、先に発表の様子をご紹介します。年末ということもあり、発表はEXECTIONのオフィスで開催、社員の方々大勢に見ていただきました。

 

最初は、チーム「ブラックダイヤモンド」です。

f:id:helloworldinc:20190109171511j:plain

チーム「ブラックダイヤモンド」

 

f:id:helloworldinc:20190109174311j:plain



 

発表は、終始謝りの色が強くなりました。

どういうことかというと、このチームは発表時点で多くの機能が実装できていない状態だったのです。

原因は、プロジェクト進行上のコミュニケーション不足、確認漏れ等です。

そのため責任を感じ、序盤からお詫びのような発表となってしまいました。

 

 

もう一方のチーム「ひよこクラブ」

f:id:helloworldinc:20190109171604j:plain

チーム「ひよこクラブ」



 

f:id:helloworldinc:20190109174533j:plain

 

こちらは、自信を持って堂々と発表ができていました。

質疑応答では、実際のプロジェクトで出てくるような質問、意見などをいただき、3か月間の座学研修を締めくくる、とても良いものができたのではないかと思います。

 

 

 

さて、最終課題の発表を経て今回運営として感じるのは、

考える大切さ』と『適切な目標設定』です。

2チームとも同じ研修を受け、同じように3か月を過ごしたはずですが、結果は大きく異なりました。

 

最終課題は、研修を通して学んだことをアウトプットしてもらうべく、基本的に講師は、進行等もろもろに口をはさみません。

 

うまくできなかった方のチームには、序盤から躓きがあったようです。
端から見ていると、個々でどうにかしようとしているように見えました。

極端に言えば、とりあえずタスクがあるので、とりあえず出来そうな人に割り振るというやり方に見えました。
その結果、自分以外のタスクが関係のないものになってしまっていました。

 

方や、うまくできた方は、序盤で1人欠員を出します。
3人チームの1人が抜けてしまうのは、とても大きく手痛い損失です。ですがこのチームはその損失を考慮し、いったん2人で進行する決断をします。

そしてそこには、優先度と復帰時期を見越したタスクの割り振りがあったように見受けられます。欠員が病欠だったため、いつ頃には戻ってくるだろうという仮説、その時その時でこの状態が望ましいという目標設定、その目標を達成し続けた努力は、高く評価されるべきものだと思います。

 

結果として、プロジェクトの開始時、つまり一番最初の時点でしっかりと考えられたか、マイルストーンのようなポイント、ポイントに於ける目標設定ができていたかが成否を分けたのではないかと考えます。

その点で我々講師は「しっかり考える大切さ」、「適切な目標設定と遂行の重要さ」を教えられていたのかを考える必要があります。

新人教育などでも耳にしますが、往々にして「努力が足りない」や「センスがない」といった言い訳を、我々教える側が言っている気がします。

勉強しろとは言った」程度では意味がなく、「これも教えたはず」も意味がありません。なぜなら現実にできていないからです。

 

以前にも少し書いていますが、人によってできるできないは確かにあります。しかし、固定されたやり方・教え方の一辺倒で良いわけがなく、常に教えている対象に対するベストを考えていく必要があります。

今回、出来なかったことに対しては講師側にも責任があり、そこには改善の余地があると思っています。

 

この一年は『教えることの難しさ』を痛感した一年でした。

前述の通り、やり方を変えたり、伝え方を変えたり、もちろん成長してもらいたいがために色々考えて取組んでいますが、うまくいかないことも多々あり、これは永遠のテーマである気がしています。

 

これからも研修生の一助となるべく、取り組んでいきたいと思います。

 

 

さて。
一通りの研修を終えたとは言え、四期生達はまだまだひよっこです。これからエンジニアとして過ごしていく中で、多くの困難に見舞われたり、幾度となく高い壁にぶつかることもあるでしょう。しかしどんなに大変なことでも、解決する手立てはきっとあります。その都度なんとかして乗り越えていくことで、もっともっと成長し、楽しくて充実したエンジニアライフを送っていって欲しいと思います。
ハロー・ワールド一同、心から応援しています。

 

 

2018年を振り返って

いつもご訪問頂きありがとうございます。

 

2018年の1月からスタートしたこのブログ、なんとか年末を迎えられそうです。

 

ブログをやる、ということが決まってから、中の人たちは毎週コンテンツに悩み、ビューの数に一喜一憂しながら、二人三脚で手探りしてきました。*1

 

わたしたちがバタバタしている間にも、ハロー・ワールドで研修を受けグループ会社へと旅立っていった研修生たちは、順調にインターンを終えて実務に就き始めています。1年前には全く違う業界で違う仕事をしていたみんなが、エンジニアとして新しい知識を吸収し、どんどん成長していくのを目にするのは、本当に嬉しいものですね。(親心?)

 

講師たちも負けずに、もっともっと充実したカリキュラムを提供できるよう日々努めています。

 

来年、ハロー・ワールドはオフィス移転の予定があります。どんなオフィスになるのかまだまだわかりませんが、そちらの様子もお伝えしていきたいと思っています。

 

 

最後になりましたが、みなさま、良いお年をお迎えください。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

*1:ITエンジニア育成とはどういうものか?というところから始まり、どんな方がブログを読んでくださっているんだろうとか、毎週どういった内容をお伝えしたら良いのかとか、掲載する写真には流行りの「映え」って必要かしら?等々 ...なかなか悩ましいものでした。来年もがんばります!

【んのすけのゲームエンジン奮闘記】はじめましてこんにちわんのすけ

こんにちはハロー・ワールド三期生 んのすけ です。

私はハロー・ワールドで三ヶ月座学の研修を終えて、
CAD CENTERという会社に研修という形でお世話になっています。

CAD CENTERは3DCG、VR、AR等を利用して様々なものを開発している会社です。そこで現在私は、Unityというソフトウェアを利用して不動産会社向けのアプリを作成しています。

 

皆さんUnity(ユニティ)というソフトウェアについて知っていますでしょうか?

Unityは、基本無料で利用ができて、いろんな機能が詰まったすげえゲームエンジンのことです。
*1

私はこの会社に来る前Unityを少し触ったことはあったのですが、業務でUnityを利用する度にUnityの素晴らしさ、凄さにたびたび驚いています。

 

Unityは主にゲームを作るのに利用されるゲームエンジンです。
Unityで作成できるものはゲームエンジンの名前の通り、2Dゲーム、3Dゲームはもちろんのこと、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)アプリも作成することができます。

しかもARアプリを開発する際は、めちゃめちゃ簡単に作れるようになるUnityの拡張機能があります。それを利用することで、簡単なARアプリをプログラミングなしで一時間ほどで作ることができます。

ARって結構技術の流行なので作るの大変かなーというイメージでしたが、本当に簡単に作ることができました。

ARアプリを作成した際、(おれ今結構いけてるエンジニアじゃね??)と思いました。しかし冷静に考えると、ただただUnityとその拡張機能を作成した人が凄いだけでした。

ARアプリを動かした画面 (3Dモデルも研修の一環で自作しました。)

f:id:helloworldinc:20181214184324p:plain

ARアプリを動かした画面



Vuforiaすごい
*2

 

Unity自体の機能もめちゃくちゃ沢山あります。
ゲームに必要な物理演算を行う機能もついています。
物体に重力が働いたり、物と物が当たって跳ね返ったりと物理的な動きをUnityが再現してくれる。。

すごい、凄すぎる。。。。この感動は居酒屋で始めてイサキという魚の刺身に遭遇したとき以来です。


ただ便利な機能は沢山あるのですが、それを使いこなせるかは別問題です。
使い方をインターネットで調べても理解できないことは沢山あります。

私「このGetComponent<>()....の<>ってなんだ?????調べてもよくわからないぞ???」

そんな時は頼りになる上長がしっかり教えてくださいます。
この上長の方が凄い方で私が質問するような内容など全て正確に教えてくれます。

私「す、すみましぇん、GetComponent<>()についている<>ってなんですか、、?」
上長「それはGenericsだよ」
私「Sugeeeeeeeee!!!」

ほんとに何でも知っている。。すごい、凄すぎる。。上長。。
社会に出て、一年以上経ちますが上長の意味を知ったのは最近です。


ところで、Unityで様々な機能を使用するにはプログラミングが必要になります。
その際に使用されるプログラミング言語はC#(シーシャープ)という言語で、C#はJavaというプログラミング言語に非常によく似ている言語だと私は感じています。

C#自体は少ししか触った経験はありませんでしたが、座学の研修でJavaを学んでいたおかげでかなりとっつきやすかったです。
ひとつの言語を学ぶと他の言語に共通している部分がある、という噂を肌で実感できました。

というかC#とJavaは本当に似すぎて違う言語を扱っている感覚がありません。
子供のころの自分が、寿司ネタをみて光り物の魚の区別がついていなかったことに通じる感があります。

もちろん一部違う部分はあるのですがほんとうに似すぎなくらいそっくりです。
最近の言葉で言うと「くりそつ

 


最後に
CAD CENTERでは3Dモデルを作る人や、シミュレーターを作る人、映像グラフィックを作る人など様々な職種の人がいます。
私はその中で、完成された3DモデルやCGの映像を利用して実際に動くコンテンツを作る役割です。

3DモデルやアプリのUI(画面のアイコン等)を作成していただいて、私がプログラムでアプリの機能をつけていく ーーー それぞれがそれぞれの作業を補っていいものを作っていくってこういうことか。。。

 

学生の頃言われた言葉で「人は一人じゃ生きていけない」というよく聞く言葉が当時全くピンと来ていませんでしたが、その意味がこの仕事を通じて最近身をもってわかった気がします。

今後も新しいことをどんどん学んで仕事に生かして生きたいです。

 

www.cadcenter.co.jp

 

 

*1:※商用で利用する場合一定の条件があります。

*2:※VuforiaはARアプリを開発するためのUnityの拡張機能

ドキュメントは重要、という話

もういくつ寝ると...今年もあとわずかとなりましたね。
研修も年内は残すところ1週間となり、最後の追い込み中です!

 

最終課題は、いつもどおりWebシステム開発演習。
グループ開発では個人の力量はもちろん、チームワーク(意思疎通、情報共有)も試されます。

 

f:id:helloworldinc:20181220174151j:plain

頑張る2チーム



 

中の人が思うシステム開発の最も効率的なやり方は『すべて一人でやる』です。

そうすれば、ドキュメント(要件定義書、仕様書、設計⇒開発など工程ごとの設計書や取扱説明書の類)は必要ないし、問題が発生した場合の影響把握も簡単になります。
全ては開発者(=自分)の頭の中にあるわけですから。

 

...こう書くといろいろなところから突っ込まれそうです。*1

 

引継ぎはどうする?ドキュメントがないと運用ができないでしょう?お客さまとの合意はちゃんと取れているのか?……etc

なら自分で運用もやればいいし、引き継がない方法を考えればいい。お客さまへの説明だって、やりようはあるはず。最悪、引継ぎやもしもの事態への対応を考えたときに、ドキュメントを作成すればいいと思います。

 

とこんなことを書きましたが、中の人は必ずドキュメントを書きます。
なぜか。

 

そもそもシステム自体一人で完結できる規模じゃなかったり、プロジェクトの細かい部分を忘れてしまうリスクがあったりします。また、後からプロジェクト増員した時に、スムーズに参加してもらえるというメリットもあります。
なので、ドキュメント類は開発時に書いておきます。*2

 

世の中には、軽視される作業や、なぜやるかわからないとされて無視される手順なんかがあります。そうみなされた結果、要らないものとして削られてしまい、本来の効果を期待できなくなるものが数多くあります。

以前参加したプロジェクトで、
予算削減のためドキュメントがない
なんていう非常に危険な仕事をしたことがありました。

ドキュメントを作らないという判断をした人がどう考えたかはわかりません。なぜその工程を行うのか、なぜそれを作るのかを考えておらず、正しく判断できなかったのかと思います。もしくは、なんらかの理由で削らざるを得なかったのか。。(ココはヒエラルキーに属するサラリーマンの辛いところかもしれません...)
今思い返しても、ぞっとします。

 

 

ちょっと長くなりましたが、ドキュメントは、お客様に提出する成果物という側面だけでなく、プロジェクトの概要や進行を客観的に見ることができるものでもあるべきだと考えます。

これがあれば、チーム全体が取るべき方針、優先順位、残タスク等々いろいろなことがわかります。納期や開発に追われているときは、ただただ時間を取られる邪魔くさいものに感じてしまいがちですが、あとから効果が出るものなんです。

 

自分の頭の中だけにある考えでモノを作る、という所から一歩進み、全体を俯瞰して考えを整理し、それをチームで共有・協働するためにもドキュメントを起こしてみてはいかがでしょうか。

 

 

今回、どうしてこういう話を書いたかというと...

最終課題であるWebシステムの開発では、成果物として「(ある程度)動くシステム」を作ることに加えて、いくつかドキュメント類を作成・提出することも指示されているのです。 

 

課題に費やせる期間は短く、それに反して実装する内容は山盛りです。そのうえ、研修の課題として誰に何のために必要なのかわからないドキュメントまで書かないといけないの?!と思うかもしれません。

 

でもここまで読んでいただいた人はもう、ドキュメントの本当の大切さ、わかりますよね。

 



*1:というか突っ込まれます。

*2:もちろんアップデートも必要です。

座学終盤、最終課題までもう一息です!

一気に気温が下がり、冬眠を検討したい中のひとです。

(今シーズン何回冬眠を検討するのか…Zzzzz... )

 

座学研修は大詰めを迎えて、Webシステムの構築に入っています。

CRUD(Create、Read、Update、Delete)システムなんて呼び方もするシステムです。登録・参照・変更・削除というとわかりやすいでしょうか。たとえば会員登録して利用するサイトなどがこれですね。普段はあまり意識することなく使っていることが多いのではないかと思います。

使っていると言っても、作るとなるとまた話は別。今までの知識を総動員する必要があります。とても難しいのですが、みんな頑張って取り組んでいます。

 

f:id:helloworldinc:20181217113044j:plain

真剣な表情でPCに向かう


個人で一通りの構築ができるようになったら、いよいよ最終課題のグループ開発が始まります。
座学の最後を締めくくる一番大きな課題への挑戦、毎日寒いですが体調を整えていきましょう!

 

 

 

 

座学追い込みと次のステップ

四期生の座学研修も残り1か月ほどです。

 

この時期はWebをやったと思えばDB、それが終わるとWebシステムで再びJavaに戻る、と覚えることや同時に使う技術が急激に増えてきます。
時間がいくらあっても足りないような気持ちになってくるかもしれません。

 

それでも全員が課題をしっかりと進められるよう講師は丁寧に教えます。ですから、とてもついていけない!ということはないと思っています。

 

f:id:helloworldinc:20181207110138j:plain

講義中



 

グループワークもさらに増えていきます。最終課題はグループでのプロジェクトなので、グループで働く難しさや楽しさを実感できることでしょう。

 

f:id:helloworldinc:20181207110342j:plain

グループワーク中

 

 

座学期間が終わると、グループ会社でのOJT期間です。
それに備えて面談の予定が組まれ、各々のこれからが定まり始めます。

 

講師・運営陣は、研修生の普段の様子、習熟度、面談で話した内容や希望を踏まえ、この人はこの会社に行けばより伸びていくだろう、とか、Aという分野を希望しているが適性があるのはBの分野だろう、などとそれぞれがもっとも能力や資質を生かして働いていける未来を考えて、OJT先を選択します。

 

ですから

希望や能力のみで仕事への適性や今後の配属先を判断・決定するわけではない

ということはぜひみなさんに理解していただきたいと思います。

 

 

 

ハロー・ワールドの研修生たちが今後グループ各社で過ごす時間は、研修の期間に比べてより長くより深く、専門的なものになります。

 

となれば、理解力・吸収する力や、地道に努力を積める才能
諦めずにやり遂げる力や、飽くなき探求心のように可視化の難しい資質
そういった部分がとても重要になってきます。

 

研修中もその後も、目先の安易な成果を達成して満足することなく、そこへたどり着くまでの過程、そしてその先まで見越すことができる力をつけていくことを大事にしてもらいたいと切に願います。

 

今年も残りあと少し、もうひとがんばりしていきましょう。

 

講師はいろいろと考えています

座学研修も後半に差し掛かります。

先日、Javaの学習に区切りがつき、復習として研修生が講義を行うというカリキュラムを実施しました。

 

わからない部分、わかった気になっていた部分が浮き彫りになってダメージを受けたり、逆に上手くできて思っていたよりもわかっていたことを実感したりと、みんなにとっていい機会になったのではないかと思います。

 

f:id:helloworldinc:20181129164230j:plain

 

 

日々の努力が実って、成長著しい姿を見ると我々講師陣はとても安心します。

多くの社会人が、部下・後輩を育てるという隠れた仕事を担っていると思いますが、我々はそれを本業としています。

とは言え、我々が各期の研修生にぴったりと寄り添えるのは座学の3か月という限られた期間。ここはもっとうまく教えられたのではないか、あそこはこうしたら良かったのではないか、などと思うことが多々あります。

 

ハロー・ワールドが他のスクールや教育事業と異なるのは、教えた研修生のその後が我々のもとへダイレクトに伝わって来るところでしょうか。

本人から、その上長から、時にはもっと上の方からもご連絡をいただくことがあります。

 

幸い、悪い話とか全然ダメ!というような評価は今のところいただいていませんが、もっとこういう内容の習得はできないかとか、この部分についてはもう少し深く知っていてほしいなど、ある程度のご要望をいただいております。

 

全てのリクエストに対応するには到底時間が足りないのですが、研修生が配属後の立ち上がりで困らないよう、座学のカリキュラムには改善・改良を加え、自社グループ内で研修事業を持つ利点を最大化させられるよう努めていきます。

 

 

 

最後になりましたが、求人サイトでの第五期生の募集は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました!