Hello, World! ブログ

日本創発グループ:株式会社ハロー・ワールドの、ITエンジニア育成採用の活動をお伝えします。

「石の上にも三年」は、自分との約束

先週、今週と週末は3連休、休みがあって嬉しい反面、勉強に費やせる時間がもっと欲しいなぁという感が無きにしもあらず…といったところでしょうか。

 

三期生たちは、今週から最終課題の「グループ開発」に取り掛かっています。

今回の課題は『お客様と打合せをしながら、子供服販売サイトを作る』です。

f:id:helloworldinc:20180920170621j:plain

 

内容的には従来の最終課題と大差ありませんが、少人数なので小まめにケアができ、実際の仕事として開発しているような感じで最後の課題を進めています。

 

\ちなみに全員、インターン先が決定しています!/

毎期とも、座学終了前1ヶ月弱くらいの時期に、面談や各社との顔合わせ(という面接のようなものらしいです)を経て受け入れ先が確定します。

インターン受け入れ先での期間は、研修で学んだことをベースに、OJTとして少しずつ新しい職場に慣れ、新しい知識を得て、大切な戦力になっていくための期間だと捉えると良いでしょう。

 

 

ーーここから、中の人のちょっとしたエピソードなどーー

そういえば、中の人が社会人になったころ、一万時間ルールなるものを先輩から教えられました。当時は「この先輩、そんなこと考えてるのか!」と感銘を受けたものですが、よくよく調べてみると海外で話題になっていたことのようで、おそらく受け売りだったと思われます。

ざっくりと、一万時間ルールとは、一万時間(約3年間)訓練すれば、その道のエキスパートになれるというものです。(ざっくりなので、興味があれば自分で調べてみてください。)

これに派生して、1000時間ルールとか理論とかそういうのも出ているようです。

1000時間は、エキスパートとは言わないまでも、それなりの人、中級者程度になれるといわれる時間です。

あながち間違っていないかなと思うのは、自分が会社の戦力として働けているという実感が配属後およそ半年ほど過ぎた頃にあったことです。

当時、中の人は終業後も自分で勉強していました。(もちろん今もしています)
感覚的にですが、このあたりでたぶん1000時間を超えていたのだろうとこのごろになって思います。

ーーここまでーー

 

さて何が言いたいかというと、なにごとも始めてから結果が出るまではある程度の時間がかかるということです。

新しい業界に飛び込み新しい仕事を始めるには、勇気だけでなくじっくりと腰を据えて取り組んでいこうという覚悟も必要です。
説明会などでも、「ITに向いている」とか、「この仕事は難しくてできない」とか聞くことがありますが、そもそも「向いてる、向いてない」とか「できる、できない」なんてすぐにはわかりません。

プロダクトの成長曲線や品質曲線よろしく、芽が出るまではず~~~っと低空飛行でわからないままです。そしてこれはIT業界に限らず、どこに行っても同じかと思います。

でも、芽が出始めると早いです。

色々なことがわかるようになり、タケノコのごとくどんどん伸びていきます。
もちろんそのためには勉強していることが必要なのです。

ときどき胸に手を当てて『自分は十分に努力をしたか』と考えてみてください。

(今回は、ちょっとお説教みたいになっちゃいましたね…)

  

 

「努力したからできるようになるとは限らないが、できる人は努力をしている」

 これは本当にそうだと思います。

 

 

 

最後に、次期募集のお知らせです。

第五期の転職サイトでの募集は10月後半を目途に掲載準備を行っています。

今すぐの応募を検討されている方は、以下公式サイトからお申込みください。
現在応募頂いた場合、直近2019年1月スタート・第五期での選考になります。

ikusei.helloworldinc.jp

 

エンジニア志望のみなさま、ご応募お待ちしています!

 

ハロー・ワールドの、とある一日

9月も中旬ですね。

三期の座学研修も残りわずか、3人がインターンを始めるまで1ヶ月弱。
来月になったら、エンジニアという長く険しい、でもきっと楽しい道のりへと、本格的な一歩を踏み出していきます。

 

講義は、ServletとJSPに入ってきました。ひとりでも本格的なWebサイトを作成できるようになるための基礎を学んでいるところです。

 

 

さて、四期生の募集と会社説明会がすべて終了し、よく質問されたことなどのフィードバックがありました。

 

なかでも、特にネタになりそうで、みなさん興味があるであろう質問と言えば、ずばりこれではないでしょうか。

「研修の1日のスケジュールはどんな感じですか?」

今日はこちらにお答えしてみたいと思います。

説明会ではもちろん毎回お答えしているのですが、今回はよりイメージが湧きやすいように写真付きでお送りします。

 

 

9:00 始業時間

朝は挨拶から始まります。日直の号令で、挨拶を行っています。f:id:helloworldinc:20180912143156j:plain

ちょっと学校ぽい?

 

9:00 ~ 13:00 午前

午前中の時間にはいくつかパターンがありますが、
講義やスピーチなどを行うことが多いです。f:id:helloworldinc:20180912143416j:plain

スピーチのテーマは、ニュースや技術など時事の内容を取り上げています。

 

f:id:helloworldinc:20180912143543j:plain

ホワイトボードを使った講義に集中する3人

 

 

13:00 ~ 14:00 昼休憩

午前が終了、お昼休憩に入る前にも挨拶を行います。

御徒町周辺は観光地であると同時にオフィスも多いため、お昼の時間帯の飲食店は結構な割合で混雑しています。また、会社のあるビルが大きいのでエレベーターが混み合っていてなかなか乗れないようなこともあります。
なので、ハロー・ワールドではお昼の休憩時間を基本的に13:00~14:00としています。

講義の状況やスケジュールによっては、お昼が多少前後する場合もあります。

 

14:00 ~ 17:30 午後

節目、節目できちんと挨拶を行うハロー・ワールド

もちろん午後の始まりも同じです。

 

午後の時間は、グループワークや演習といったものに多く当てられます。f:id:helloworldinc:20180912143750j:plain

今期は3人で研修をしているので、グループワークより演習に力をいれており、個人での取り組みが多くなっていいます。

ここに関しては、各期の人数や状況で適宜変更しています。

 

17:30 ~ 18:00 日報作成

今日もそろそろ終わりが近い、最後の30分。この時間帯は各自日報を書いています。

 

加えて金曜日には、居室の掃除も行っています。これは、

「自分たちの使用する環境は、自分たちで整える」

f:id:helloworldinc:20180912143901j:plain

 

そういう文化を身につけるために行っているものです。
毎日使うところは、きれいにしておきたいですよね。

 

18:00 終業時間

1日の最後も、挨拶をして終業となります。

 f:id:helloworldinc:20180912143939j:plain

 

18:00 ~ 20:00 居室解放時間

講義は18:00で終了ですが、事前に申請すれば20:00まで教室を利用可能です。

疑問点の解決、集中して復習、試験対策などさまざまな用途で利用されています。

 

 

ハロー・ワールドでの一日、いかがだったでしょうか?

 

今後も、全く同じではありませんが、大体このような形で進行する予定です。

 

 

ハロー・ワールド第期に向けた転職サイトでの募集は、10月中旬ごろを目処に準備中です。募集開始の折にはこちらのブログでも紹介します。

 

ホームページではいつでも応募を受け付けています。
こちらからの応募もお待ちしています!

ikusei.helloworldinc.jp

 

 

エンジニアの需要ってまだあるの?

ドキッとするタイトルになりました。

 

2018年も残り3分の1を切りましたね。

昨年くらいからかなり大きく話題になってきているAI(Artificial Intelligence)、RPA(Robotic Process Automation)、ARVR(Augmented / Virtual Reality)、そして、各所に幅広くアンテナを張っている人にしてみれば随分前からおなじみであろうVtubereスポーツなどの単語までもが、普通の顔でお茶の間に姿を現すようになってきました。

 

このような、いわゆる「ホットワード」を追いかけている人にとってはもう聞き飽きたような話題かもしれませんが、今後AIに取って代わられる仕事の一覧、RPAで業務を自動化して人件費を削りましょう、というような記事やニュースを目にする機会が増えて、自分の仕事は大丈夫かな?と考え始めた人もいることでしょう。

 

しかし、グループ会社の方々や、知り合いと話をしていると「エンジニアが足りない」という話題がかなりの頻度で上がったりするのです。

もちろん、いるところにはいるのでしょうけれど、私の周囲を見渡す限りではどうやらエンジニアがまだまだ不足しているようです。

 

そんなわけで、今回のタイトルに対する私の答えは「Yes」としておきます。

 

 

ところで今週のエンジニアの卵たち、DBという単元に入っています。

毎日SQLという言語を巧みに操り、DBからデータを取りだすというようなことをやっているようです。

 

f:id:helloworldinc:20180906172514j:plain

 

正確な条件でデータを出し入れするとか、処理時間がかかり過ぎないような設計を考えるとか、とかとか。
口で言うのは簡単ですが、ひとつひとつの技術は突き詰めていくとなかなか奥が深いものです。

 

ハロー・ワールドでは、エンジニアが将来「ホットワードな技術」を身につけるために必要な基礎の部分に重点を置いて研修を行っています。

加えて、間違いなく言えることがひとつ ー 基礎をきっちり身につけたエンジニアは、今後出てくるであろう新技術へのアプローチも比較的容易にできる、という事です。

 

ハロー・ワールドでの研修内容がひとつとして無駄になることがないよう、研修のカリキュラムもますますしっかりと練り込んでいきます。

 

 

 

さて、たびたびお知らせしておりました四期生の募集は先月末に終了しました。

今回もたいへん多くの方々からご応募を頂きました。
なんと実施した説明会の日程すべてが悪天候にあたってしまうという(!)偶然が重なり、急遽の予定変更などあったにもかかわらず、ご参加いただいた皆様ほんとうにありがとうございました。

次の転職サイトでの募集は11月頃に開始される予定です。

ハロー・ワールドのHPからは常時応募が可能ですので、そちらからの応募もお待ちしています!(入社時期は各期の開始タイミングと同じです。)

 

helloworldinc.jp

 

 

ハロー・ワールドはエンジニアへのジョブチェンジを目指す皆様を応援します。

 

【だーさん、サーバーサイド道を行く】 はじめてのPHP

こんにちは。

 

キャドセンターでインターン中のだーさんです。
ハロー・ワールドからキャドセンターに移って一ヶ月、私はサーバーサイドの勉強をさせてもらっています。

 

主に使う言語はPHPで、フレームワークのひとつCakePHPをよく使用しています。
研修中はJavaでしたが、プログラム言語はどうやら似たような考え方をするみたいです。研修中の勉強がどれだけ大事だったかがよくわかります…笑

 

まだ実際の案件を触っているのではなく、いろいろなチュートリアルを見ながら、CakePHPでコードを書いたり、必要なソフトをインストールして操作したりしています。

 

もう少し具体的にいいますと、

WEBサイトにはいろいろな情報が載っていますよね!それらは、データーベースというところに入っていることが多いです。その情報を上手に取り出して、画面に表示させる。ここのプログラミングです。

 

覚えることが多く難しいところもありますが、親切なチューターさんに教えていただきながら、毎日勉強させてもらっています。


一度打ち合わせに参加し、現場の雰囲気を味わいました。 

f:id:helloworldinc:20180820180534j:plain

会議室はこんなところ

 

確実に知識をつけて、早く力になれるようがんばります!

 
 
 
 
 
 

「やりたいこと」で、得意も苦手も超えて行こう

ハロー・ワールドのブログを読んでいただき、ありがとうございます。

と、今回は感謝の言葉から始めさせていただきます。

 

先日から始まっている、第四期目に向けての会社説明会で

「ブログに、これこれこういう内容が書かれていますが、……」

と、質問をしてくださった方がいらしたそうです。

ハロー・ワールドがスタートしてから約8か月間、毎週なんとか更新しているこのブログですが、読んでいてくれる方がいらっしゃるんだなぁ、と中の人的にうれしく思った次第です。

実は、中の人はエンジニアなので面白い文章を作ることが苦手です。

とはいえ、苦手ながらも座学研修の様子がうまく伝わるようにとか、読み手にとって読みやすいようにとか、そういったところを念頭に置いて、これからも頑張っていく次第です。

 

ちなみに、得意なことはソースコードを書くことです。(エンジニアですから、ね)

構成を考え、文字を打ち込んで作っていくという、とてもそっくりな作業のはずなのに、なぜこうも違うのか……

 

さて、今期(三期)の研修もほぼ予定通りに進行していて、Javaの単元が先日終わりました。これまた予定通りで、Webフロント、HTMLとCSSに移っています。

 

みんなの様子を見ていると、
Javaの研修時にいきいきしていた研修生が、HTMLで苦戦していたり
Javaでは苦戦していた研修生が、HTMLで俄然いきいきしてきたり

 

三期生たちは得意と苦手がなかなかわかりやすく出ています。 

教室内の様子

今日も課題に取り組み中

 

 

人間、誰しも得意なこと、苦手なことがあるものです。

そんな中、苦手なことを克服しようと頑張る人が多いかなと思いますが、わたしは得意なことを伸ばすほうが重要だと考えています。

そして、もっと重要なのは

『やりたいこと』に関する能力を伸ばしたり、また伸ばそうとする姿勢だと思います。

「これがやりたい、やってみたい!」という意欲を持ってする努力は、周りの想像をはるかに超えていく力を持っているのではないでしょうか。

 

座学の研修期間も残り少なくなってきました。
もうひと踏ん張り頑張っていきましょう。

 

Javaの学習、追い込み!

8月も後半にさしかかってきました。

ゲリラ豪雨に台風、ちょっと涼しい日があったかと思えばまた暑くなり、と外に出ればなかなか苦しい気候のこの夏、ハロー・ワールドの教室内も、苦しい苦しいJava学習の佳境を迎えています。

 

 

初めての人がだいたい躓く、オブジェクト指向、クラス、インスタンス。

継承、抽象クラス。

 

苦労しながらも、着々と進めています。

そして、こんなに苦しいと言っても、世間的にはお盆や夏休みの時期ですね。
ハロー・ワールドも夏休みでした。

 

今年は、8月の13日、14日が夏休みで、11日の土曜日からの4連休。

みんなゆっくりできたかな?

 

 

考えてみると、各期毎に大型またはちょっとした連休があるようです。

4月スタートにはGW、7月スタートの今回は夏休み、10月スタートはSWが。

あれ、1月スタートの期は。。。ここは 2月が短いから仕方ないか。

 

 

さぁ研修も残すところあと半分ちょっと、気持ち引き締めて 頑張っていこうね。

 

【メンバー紹介】 武田講師

みなさん、こんにちは。

これまでハロー・ワールドでは、入社式から授業風景、発表や打ち上げなど、研修生たちの成長の様子をメインにお伝えしています。

 

ですが、今日はちょっぴり趣向を変えて、研修生たちをときには優しく、ときには厳しく指導している講師をご紹介しようと思います。

 

 

続きを読む