Hello, World! ブログ

日本創発グループ:株式会社エグゼクション ハロー・ワールド事業部の、ITエンジニア育成採用の活動をお伝えします。

最終開発演習の発表会

6月最終日の30日、最終開発演習の発表会がありました。課題は以前作成したWebサイトモックアップの機能追加です。

 

helloworldinc.hatenablog.com

 

今回の発表もZoomで視聴可能でした。教室で見る方は数名のみです。

f:id:helloworldinc:20200701174951j:plain

発表開始!

チーム名はKKTSN - みんなの名前の頭文字を並べて作った言葉です。

今回のプロジェクトでは、リーダー・サブリーダーは3日毎にチェンジ、日々の進捗をPMに報告しながら進めていったとのこと。

 

f:id:helloworldinc:20200701175939j:plain

こんなサイトが欲しい!というお客様のご要望

 

プログラミングに入る前に画面設計書を作成し、お客様(講師が担当)としっかり打ち合わせをしてイメージのすり合わせも行ったそうです。

 

実際に出来上がったサイトには、どんな機能が追加されたのか、交代でのプレゼンテーションが続きます。

 

f:id:helloworldinc:20200701170936p:plain

ユーザーの機能

これは、ユーザー側の搭載機能についての一覧です。ライブ情報やその他の情報の検索と閲覧は誰でもできますが、チケット予約や購入には、会員登録が必要です。

 

 

f:id:helloworldinc:20200701180339j:plain

チケット購入のデモ

 

 

さらに、管理側の機能の説明です。

f:id:helloworldinc:20200701174609p:plain

管理画面

 

 

それから、実装予定であったもの…  つまり、まだ実装できていないもの。

 

f:id:helloworldinc:20200703115556p:plain

実装予定だったもの一覧

 

夢は大きく理想は高く、しかし現実はなかなか厳しいのです。2週間という短い期間の開発では、限られた機能を実装するのみとなりました。 

 

 

f:id:helloworldinc:20200701182047j:plain

締め

発表の後は、質疑応答、講師講評です。

このサイトを作ることになったきっかけは、5人がみんなライブ大好きで、でもこのコロナ禍でいけなくなってしまったからなのだそう。でもそんな思いで作成しているサイトなのに、あんまり楽しそうに見えないね、となかなか厳しい指摘もありました。また納期厳守の意識が薄く、直前までバタバタしていて発表のリハがちゃんと行えていなかったことも今回指摘されていました。

 

これまでは教室内の人だけに対面で発表すれば良かったのですが、今はオンラインの割合が大きくなってきています。そうなると画面の向こう側から見ている人のことも考えて、音声情報の伝え方、資料や画面の見せ方を考えないといけません。従来より準備に時間がかかるだろうことも想像する必要があります。

 

それでも、IT未経験の5人がサイトをここまで作り上げたのは 素晴らしいことです。よく頑張りました。最後、締め切りに焦りを覚えてラストスパートをかける状態にたどり着くまでは、なかなか時間がかかったようですが^^;

 

 

 

さて。
今期の研修は、グループ会社の新入社員向けでした。一通りの研修を終えたとは言え、みんなまだまだひよっこです。これからエンジニアとして過ごしていく中で、多くの困難に見舞われたり、幾度となく高い壁にぶつかることもあるでしょう。しかしどんなに大変なことでも、解決する手立てはきっとあります。その都度なんとかして乗り越えていくことで、もっともっと成長し、楽しくて充実したエンジニアライフを送っていって欲しいと思います。

ハロー・ワールド一同、心から応援しています。

 

【6期もとひろ】リモートワークについて

6期生のもとひろです。


新型コロナウイルスが流行しており、気の抜けない日常が続いておりますが、皆様どうお過ごしでしょうか。

私は現在、出社と在宅リモートワークを約半々で行っております。

ウイルスが流行してしまったことによる特殊な働き方ですが、今しか経験できないことかもしれませんので、私のブログの記事の内容はコロナウイルス禍での大まかな現場の流れとリモートワークで感じたことについて書きたいと思います。

 

まず前提として、私が働いている現場は受託開発をしています。
発注元であるお客様から依頼を受け、システム開発や改修、保守運用を行います。

この現場は4月の上旬から自宅でのリモートワークとなりました。
(基本的にはリモートワークとしつつも、どうしても出社しなければならない場合は出社をするという形です。)

これは4月7日、緊急事態宣言が発令されたことにより、発注元であるお客様先がリモートワークに切り替わったためです。
切り替え自体は突然ではなく、事前に「緊急事態宣言が発令された場合、リモートワークになると思われます」という連絡があったため、現場で混乱等は特にありませんでした。

ただ、お客様先に合わせてリモートワークとなりましたが、ノートパソコンの台数不足やネットワークの制限により、初めはあまり業務が行えませんでした。
現場全体でもネットワークに繋がらない等の問題が発生していました。

他にもいくつかリモートワークを始める際に問題が出ていましたが、全ての問題は比較的早く解消していったと思います。

上記以外に、納期や出退勤についても変更が必要でした。
どれも前例がないため、調整された方々は本当に大変だったと思います。

このように様々なことを調整していただき、晴れて私もリモートワークができるようになりました。

簡略的ではありますが、概ねこのような流れでリモートワークに移行となりました。

 

リモートワークについてですが、家で仕事をすることに初めの一週間ほどは慣れませんでした。しかし、一週間を過ぎたあたりで家での仕事に慣れ始め、集中できるようになりました。
模様替えで机とイス、モニターなどを準備し、仕事スペースを決めたことがよかったのかもしれません。(ただ、近所で建設工事をしており、その音が日中は大きく感じる時もあります……。)

 

新しい生活様式や働き方改革などが叫ばれていますが、全ての業種が時代に合わせ多様な働き方ができるようになっていけば良いですね。

個人や時世に合わせ、仕事をする時間や場所、日数など臨機応変に変えていくことが今後求められていくのではないでしょうか。

このコロナ禍をマイナスとするのではなく、経験を糧とし、社会全体がより良い方向へ進んでいけば良いと思います。

 

f:id:helloworldinc:20200619092519p:plain

Stay Home

 

収束に向かっていると思われますが、あと少し、協力して乗り切っていきましょう。

 

www.exection.co.jp

システム構築演習中(簡易版)

環境構築も終わり、簡易システムの構築演習が始まっています。

引き続き、教室内のソーシャルディスタンスもばっちり! 

 

f:id:helloworldinc:20200609145349j:plain

講義中

さて簡易システムとは?と思って聞いてみたところ、従業員データベースを作り、レコードを検索したり追加したり...というのをWebのUIから行うもの、ということでした。ベーシックなCRUDシステムといったところでしょうか。

 

この日はちょうど、データベースを利用したサーブレットについての講義中でした。みんな神妙な様子で講義を受けています。

 

大丈夫かなー、ついていけてるかな?

こそっと聞いてみたらなかなか大変だそうです。でも動作したときはやっぱり嬉しい!と。

 

6月後半の2週間は本格的なシステム開発演習に突入し、6月30日に成果発表会を行う予定です。開発演習の内容は、先日モックアップを作成した「HELLO Live Music WORLD!!」にいくつか機能を実装するというもの。

 

まったくの初心者だった4月から2ヶ月半、長いようで短い最後の2週間を上手に使って、システムをどこまで作り上げられるか...!


成果発表会が楽しみです^ ^

 

MySQLをインストール

少しずつ、テレワークからオフィスに人が戻り始めています。

ハロー・ワールドも週1回程度からオフィスでの座学研修をはじめました。マスクをして、互いの距離をしっかり保って。
毎日出社というところまではもう少し時間がかかりそうですが、教室での研修も良いものです。

 

今回はそんな出社日の様子です。

 

何してるのかなー?と見に行ったらデータベースソフトをインストールするところでした。研修で使うのはオープンソースのDBMSであるMySQLです。DBMSにはPostgreSQLというものもありますね。

 

f:id:helloworldinc:20200603095523j:plain

教室の様子

 

データベースもおそらく初めての5人。同じ早さでインストールするのはなかなか難しいですが、ほぼ同タイミングで進められていたようです。

これからSQL文についても学習ですね。

覚えることが多いけれど、少しずつ慣れていきましょう!

 

Webサイトのモックアップを作成!

5月も終わりに近づいた日。

「HTML/CSS モックアップ作成演習」の発表会が開催されました。

今回もZoomです。

 

何を作っているのかというと...

HELLO Live Music WORLD!!】
というライブ予約システム でした。

 

作成したサイトはモックアップなので、細かい機能はまだありません。この発表では、画面の紹介と遷移、何ができるかの説明がありました。

 

ちなみに、全員HTMLなどを触るのは初めてだという事です! 

 

f:id:helloworldinc:20200527121626p:plain

サイトのイメージ!

「HELLO Live Music WORLD!!」はライブ予約システムですが、ライブのチケットを申し込んで決済したり、同行者を募集したり、チケットやヴェニューの管理があったりと、機能が盛り盛りです。これは実装がなかなか大変かもしれませんね。

 

発表では、5人でかわるがわる画面と機能について説明をしていました。そして、説明者の交代も、画面の遷移も説明も、かなりの早さで進んでいきました。

オンラインでの発表は手軽でとても便利なのですが、視聴者の様子が見えにくいことを頭に入れておくべきだなぁと思いました。

対面の説明であれば、聞いている人たちが頷いていたり、考えている様子などが見て取れるので、資料の見せ方や喋りの速度、繰り返し説明が必要な箇所など、調整がしやすいです。一方、オンラインでは慣れていないと、説明をしているつもりが自分が知ってる内容を読み上げるのみになったり、資料をじゅうぶんに見せる事なく進めてしまいがちになったりします。環境の違いを理解して、ツールをうまく使っていく必要があるな、とあらためて実感しました。
今後、ハロー・ワールドのオンラインイベントにも活かしていきたいポイントの1つですね!

 

さて、今後はこのモックアップサイトに機能を実装していくのでしょうか。次はデータベースの学習に進むのかな?

緊急事態宣言の解除に伴って、ハロー・ワールドも少しずつオフィスでの座学研修の時間を増やして行くとのことで、また覗きに行くのが楽しみです!

 

【6期生おみつ】現場に出て半年経ちました!

初めまして、ハロー・ワールド6期生の「おみつ」です。

 

緊急事態宣言が続いています*1が、皆様心身ともに健康に過ごされていますでしょうか?
早いものでハロー・ワールドの研修が終わり、約半年が経とうとしています。
まだまだヒヨッコですが日々頑張っています!

 

f:id:helloworldinc:20200525092503j:plain

ヒヨッコです!



 

現在はリモートで業務を行なっています。

コミュニケーションの方法としては、ZoomやSlackなどのツールがメインとなっていますが、ようやく対面以外でのコミュニケーションに慣れてきた所です。。笑

オンラインでのコミュニケーションは、顔の表情や雰囲気が少々分かり辛いので難しい部分もありますが、個人的には対面より喋りやすかったりします(^ ^)

さてさて、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、エンジニアブログっぽい(?)こと を書きます。

 

私は現在、AIエンジニアを目指して日々頑張っています。
AI(Artificial Intelligence、人工知能)とは、人間が行う「知的活動」をコンピュータープログラムとして実現するものです。

 

f:id:helloworldinc:20200525092553j:plain

人工知能のイメージ



 

知的活動とは、頭(厳密には脳)で考えて実行する活動全般のことです。

例えば「絵を描く」「言葉を認識する」「絵を認識する」「ゲームをする」など、あらゆる人間の行動がこれに当てはまります。

 

身近なAIの例でいうと

  • Googleの音声検索機能
  • Facebookなどのタグ付け顔認識機能
  • お掃除を自動でやってくれるルンバ
  • YouTubeの言語翻訳機能
  • iPhoneのパーソナルアシスタント”Siri”
  • 囲碁でAIが人間のトップ棋士に5番勝負で勝利した『AlphaGo』・・・etc

 

f:id:helloworldinc:20200525092621j:plain

ルンバ



すでに沢山のAIが身近に使われていますが、このように世界にAI(人工知能)の活躍の場が増えていくことで

  • 日常生活が進化するのではないか?
  • AIと共存できる日が来るのでは?

などなど、そんな興味からAIエンジニアを目指しました。

 

有難いことに、現場でAIのプロジェクトに参加させてもらいました。
今まで独学で勉強していたPythonや機械学習などが、仕事としてできることがすごく嬉しかったです。

同時にまだまだ知識や技術が足りずに四苦八苦することも多いです。。

クラスタリング結果の可視化を見て

ポカーン(゚A゚ )。。

とすることもしばしば。。(現実は厳しい)

f:id:helloworldinc:20200525092650j:plain

クラスタリング



まだまだ勉強することが山ほどありますが、初心を忘れず頑張ってまいります!!

 

www.exection.co.jp

*1:編注:緊急事態宣言は 2020/5/25 全国的に解除されました。

Java振り返り演習の発表がありました!

まだまだ在宅での勤務が続いています。
ハロー・ワールドスタッフのミーティングも毎週オンラインです。

そろそろブログのネタもなくなってきた??

...というところだったのですが、引き続きリモートでJavaを学習中の5人が
「これまで学習してきた内容を振り返り、Javaを知らない人向けに説明する」
という発表をする、ということでまたまた覗きに行ってきました!

 

発表する内容はこの目次の通り。1人2項目ずつ担当し、交代で順に説明をします。
せっかくなので、初めてJavaを学ぶ人の気持ちになって聞きましたヨ。

f:id:helloworldinc:20200518094946j:plain

目次

1~10の目次項目は講師から提示されたものだそうです。
それぞれの説明は、身近な例などを使ってわかりやすくできていました。

 

しかし、ちょっと気になった点が・・・それはこの目次の並び順。

Javaをすっごく理解しやすい!という順番ではないのです。なぜかというと...

 

一番最初に、制御の説明があって、その後に、変数や型、メソッド、クラスなどが続いています。制御について説明する中で、変数や型をしれっと使っているのに、それが何かという説明はその後になっていたんですね。

最後のまとめで、講師は提示した目次の順番についても考えて欲しかったと言っていました。講師が言ったことをそのまま鵜呑みにせず、これは正しいのか?もっと良い方法はないのか?と、考えたり、多少疑ってかかることも大事です。

 

研修では「教わる」というより、自分からどんどん「学ぶ」という方が、結果的に自分のためになります。

 

課題も覚えることもたっぷりであろう毎日、着実に学んでいきましょう!