Hello, World! ブログ

日本創発グループ:株式会社ハロー・ワールドの、ITエンジニア育成採用の活動をお伝えします。

あっという間の2週間

先日入社したばかりの三期生、研修を始めて2週間が経ちました。

暑過ぎて毎日がとても長く感じますが、3人にはあっという間だったようです。

 

入門編の山場である「IoT開発演習」も無事に終わりました。

3人で協力し、柔軟な発想で分類としては2種類、合計で4つのプロダクトを発想して、作りあげました。

 

もちろん、いつも通りに発表会も行いました。 

f:id:helloworldinc:20180725160005j:plain

最初の挨拶はちょっと緊張気味

 

 

まずは...

ネコセルフィー

対物センサーを用いて猫が近づいたら写真を撮るというものです。

タイミングよくセルフィーを撮るために、『センサーに近づいたらiPadから音を出して注意を惹く』などの工夫もされていました。

 

f:id:helloworldinc:20180725160729j:plain

プロダクトのデモでは、猫役の怪演も?!

 

 

そして、もう一つは

おもちゃセット

「セット」というだけあって、3つのプロダクトが含まれています。

 

その1
音が鳴るおもちゃ箱

おもちゃ箱を開けたり閉めたりすると音が鳴ることで、子供が箱を開け閉めしたくなり、片づけを促進するというものです。

 

 

その2
ロックほうき

ほうきを振るとギターの音が出ます。面倒な掃除を楽しくすることで、すすんでお手伝いをしてもらおうという一品。

 

 

その3
絶対音感トレーナー

ランダムに音が鳴り、その音に合わせて異なる色のLEDが光るというもの。聴覚と視覚を組み合わせて音階を覚えられるおもちゃ。

 

 

私は知らなかったのですが、絶対音感の定義は

「ある音を単独に聴いたときに、その音の高さを記憶に基づいて絶対的に認識する能力」( 出典 絶対音感-Wikipedia)

というモノらしく、鍛えればある程度身につくらしいです。

三期生には音に造詣の深い研修生がいるため、こういったものが生み出されました。

 

発表もしっかりとできていて、とても良かったです。

 

 

さてここからは、Javaを使った言語学習へと移ります。 

一期生・二期生に続いて、三期生もエンジニアの道へと第一歩を踏み出しました。

みんなの成長がとっても楽しみです!